1月第2回目のまみーずサロン「タッチケア」を開催しました

助産師が「タッチケア」について講習しました

タッチケアとは

タッチケアとは、指の腹、手のひらを赤ちゃんの肌にぴったりつけて、少し圧をかけてゆっくり、赤ちゃんの目をよく見つめ、語りかけながらマッサージをする方法です。

子どもの肌にふれることは、『脳・身体・心』に良い影響があります。皮膚への刺激は脳へ直接伝達されますし、心には安心感が生まれ、人に対する優しさや、物事に対しての落ち着き等、感情の安定した子どもに育ちます。

参加してくださった妊婦さんからは、「赤ちゃんは、お母さんに触れてもらうことで安心できるんだなと思ったので、たくさんコミュニケーションをとろうと思った」「出産したら早速やってみたいと思います。

少しずつ取り組めたらいいのかなと思いました」と感想をいただきました。

赤ちゃん人形の洋服を脱がせるところから行いますので、お着替え練習もできますよ。

ぜひ、来月も多数の皆様の参加をお待ちしております。

 

このページの担当部署
薩摩川内市子育て世代包括支援センター

〒895-8790 鹿児島県薩薩摩川内市西開聞町6番10号(すこやかふれあいプラザ内)

0996-22-3611 / 0996-22-8038