赤ちゃん時代のスキンケアが一生モノの美肌に

こんにちは助産師の原田です。

冬の乾燥した季節、ママたちの悩みの一つが赤ちゃんのお肌のトラブルです。

ツルツル・ピカピカのもち肌が当たり前と思っていたのに、湿疹や傷ができると、とても気になります。

しかし、冬だけ乾燥しているわけではなく、赤ちゃんの肌はいつも乾燥しやすいのです。どんなふうにスキンケア「あわあわ沐浴・もちもち保湿」すればよいかお話ししたいと思います。

「あわあわ沐浴・もちもち保湿」スキンケア方法

まず、汗や汚れ、皮脂の多い頭部はヘアシャンプーで、赤ちゃんのからだの大部分は、皮脂分泌が少ないので顔・体用シャンプーを使い、たっぷりの泡でやさしく洗いましょう。

その後、溜めたお湯をかけるだけではシャンプーなどの洗浄料が残りやすく肌の刺激になるので、顔にも身体にも水圧に注意しながらシャワーで清潔なお湯をかけて充分に泡と汚れを流しましょう。

そしてお風呂上りから10分を経過すると、肌の水分は急速に蒸発するため、5分くらいまでを目安に油分とのバランスが良い膜(たっぷりの保湿剤)でふたをする必要があります。

うるおいをキープした細胞がしっかり詰まると、刺激を防ぐバリア機能が整い、刺激に対しても強くなります。

乾燥したカサカサの肌とは、細胞と細胞の間にすき間が多い肌のことを言います。そのすき間からは、花粉や食べ物、ダニなどが侵入しやすくなり、これらをアレルゲンとして認識してしまい「経皮感作」を起こしやすくなります。

肌のバリア機能を保つことがアレルギー予防にもとても大切になり、アトピー性皮膚炎の発症も少なくなるといわれています。

シンプルなことですが、赤ちゃんのときのスキンケアによって「美肌が自慢」の大人へと成長します。

あわ・もちスキンケア7か条

  1. ガーゼを使うよりも…ママの手でやさしく洗いましょう
  2. 顔も泡できちんと洗いましょう(赤ちゃんの身体を起こした状態でおでこの方から弱めのシャワーで流すと赤ちゃんは目をつぶってくれます)
  3. 髪の毛はヘアシャンプーの泡で頭皮を洗いましょう
  4. 顔、胴体、手足には顔・体用シャンプーを使いましょう
  5. 洗浄料は刺激の少ないものを選び、よく泡立てて使いましょう(泡状洗浄料が便利!)
  6. 洗浄料はシャワーのお湯で流しましょう
  7. お風呂上りには5分くらいまでを目安にたっぷり保湿しましょう
このページの担当部署
薩摩川内市子育て世代包括支援センター

〒895-8790 鹿児島県薩薩摩川内市西開聞町6番10号(すこやかふれあいプラザ内)

0996-22-8811 / 0996-22-8038