8月31日は、野菜の日

8月31日は、831(やさい)の日です

小さなお子様のいるご家庭では、「なかなか野菜を食べてくれない」といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
親としては、「野菜を食べてほしい」
子どもを想う気持ちから、ついつい「食べなさい」と強く言う場面もあるかもしれません。
離乳食を始めた頃は、何でも食べていたお子様が、突然野菜嫌いになることもあります。味覚が発達して野菜特有の苦味などを感じるようになったり、自我が芽生えて「これは好き!」「これは嫌い!」と主張できるようになったり、理由は様々です。
味覚は、成長とともに変化していきます。みなさんの中にも、子どものころは大嫌いだった食べ物をおいしいと感じるようになった方もいると思います。たとえば、ゴーヤとか。
今大切なことは、野菜に興味を持つこと、ほめることです。

たとえば・・・
・レタスをちぎる
・ミニトマトを並べる
・野菜入りのおやつを一緒に作ってみる
・プランターで野菜を育てる

自分で作った料理や育てた野菜は、苦手なものでも、食べてみようかなと思ってくれるかもしれません。
そして、お子様に「手伝ってくれてありがとう」と伝える場面を作ることができます。

・小さな一口でもほめる

大人からすると、食べたうちに入らないかもしれませんが、お子様にとっては、「頑張った証(あかし)」です。
「食べれたね、すごいね」その一言が、いずれ実を結びます。

今日は、「野菜の日」
野菜を通して、お子様をほめてみましょう。

にんじんかじってます。

※ 川内保健センターには、栄養士がおります。お子様の食生活についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相談・お問い合わせ先

市民福祉部 市民健康課 川内保健センター

0996-22-8811

このページの担当部署
市民福祉部 市民健康課 川内保健センター

〒895-0055 鹿児島県薩摩川内市西開聞町6番10号 すこやかふれあいプラザ内

0996-22-8811 / 0996-22-8038