1月 こんにちは赤ちゃんすくすく相談会を開催しました

寒さと乾燥で、まだまだインフルエンザなどの感染症が心配な季節です。身体を温かくし、しっかり栄養と睡眠をとって、流行病に負けない体力づくりをしたいですね。
川内保健センターでは年初めに、「こんにちは赤ちゃんすくすく相談会」を開催しました。対象の生後1・2カ月の赤ちゃんとその保護者の方に、郵送で通知しています。

初めての子育てに、とまどっていませんか?

出産を終え、子育てをスタートしはじめたママ達。想像していた子育てと実際の赤ちゃんをお世話していて、そのギャップに戸惑うことはありませんか?
「母乳やミルクの量は足りているのかな?」「でべそが目立つけど、何かケアした方がいいのかな?」「昼も夜も寝てくれない。」「上の子の赤ちゃん返りにどう対応すればいいの?」赤ちゃんと過ごす生活には新しい発見や感動とともに、このような心配ごともあるかもしれませんね。こんにちは赤ちゃんすくすく相談会では、ちょっとした困りごとや悩みに子育てさぽーと相談員が一緒に考え、ママやパパたちが子育てを楽しめるようサポートいたします。

相談会の内容

  • 体重測定
  • 助産師によるタッチケアの実践
  • 交流会
  • 個別相談
タッチケアの様子
パパも一緒にタッチケア♪
初めてのうつ伏せにうっとり(※うつ伏せは必ず、保護者の監視のもと、行ってください。)
上のお子さんも一緒にお越しくださいね。

参加者の感想

  • とても気分転換になり、育児に役に立つお話を聞けて良かったです。
  • ゆっくりと分かりやすく説明してもらえて、久しぶりにちゃんとした会話ができたような気がします。
  • 参加に迷ってきましたが、いろんな情報も聞けて、楽しく過ごせました。タッチケアは初めてでしたが、家でも余裕のあるときに、実践していきたいと思います。
  • 聞きたいことに丁寧に答えてくださったので、ためになりました。こういう会が増えたらうれしいです。
子育てはみんなで一緒に、協力して見守りましょう。

24時間365日、ずっとわが子と向き合うことができるママはいません。最初は頑張れても、どこかでストレスがたまり、気持ちが爆発してしまうこともあります。子育てのコツは、ママやパパ(養育者)が笑顔でいられることです。
そのためには、周囲の人たちの子育てへの理解と協力が必要です。子育て支援センターや子育てサロンを上手に利用したり、市の保健師や子育て世代包括支援センターの子育てさぽーと相談員に育児相談するのも良いでしょう。

このページの担当部署
薩摩川内市子育て世代包括支援センター

〒895-8790 鹿児島県薩摩川内市西開聞町6番10号(すこやかふれあいプラザ内)

0996-22-3611 / 0996-22-8038