薩摩川内市第3子以降妊娠祝金

第3子以降のお子様を妊娠された方に祝金を支給します

妊娠を祝福するとともに、子育てにおける経済的負担の軽減を図り、子育て支援及び少子化対策に資するため、第3子以降のお子様を妊娠された方に「薩摩川内市第3子以降妊娠祝金」を支給します。

事業の内容

「第3子以降の子」とは?

同一の保護者に養育される子のうち、3番目以降の子(胎児)を指します。

  • 現在、子を2人以上養育している方で、妊娠した場合
  • 現在、子を1人以上養育している方で、双子(以上)を妊娠した場合
  • 3つ子(以上)を妊娠した場合

※養育していることが条件となるため、下記の子については数に含めません。

  • 結婚している子
  • 就業している(自分で社会保険等に加入している)子
  • 児童養護施設等へ入所措置されている子 など

申請できる者や祝金の額は?

申請者 第3子以降の子(以下、対象児)を養育する予定の保護者(父母どちらでも申請可)
祝金の額 対象児1人につき10万円

申請期限は?

母子手帳の交付日から3ヶ月以内

対象となる条件は?

祝金の対象となる条件は次のとおりです。

  1. 申請者は、対象児を養育することとなる予定の保護者であること
  2. 平成31年4月1日以後に対象児に係る母子健康手帳の交付を受けていること(※1)
  3. 母子手帳の交付を受けた日において、本市に1年以上居住していること
    (申請時点においても本市に住所を有していること)

上記の(※1)に該当しない方でも、平成31年1月1日から3月31日までの間に母子健康手帳の交付を受けた方は、経過措置として以下の条件で対象となります。

  1. 申請者は、対象児を養育することとなる予定の保護者であること
  2. 平成31年1月1日から3月31日までの間に、対象児に係る母子健康手帳の交付を受けていること
  3. 平成31年4月1日現在で(母子健康手帳の妊娠検査記録等により)妊娠中であることが確認できること
  4. 平成31年4月1日現在において、本市に1年以上居住していること(申請時点においても本市に住所を有していること)

手続き(申請)について

  1. 必要な書類を揃えて、市の窓口に提出します。
  2. 申請期限は、母子健康手帳の交付日から3箇月以内です。
    (なお、上記の経過措置による対象の方は、母子手帳の交付日を平成31年4月1日とみなし、同年7月1日までの申請期限とします。)

申請に必要なもの

  1. 祝金支給申請書(様式第1号)
  2. 住民票(申請者が属する世帯全員分で続柄記載のもの)
  3. 母子健康手帳(原本)
  4. 同居している18歳以上の子または年齢にかかわらず別居している子がいる場合、その子の保険証(写しでも可)
  5. 印鑑(スタンプ印は不可)
  6. その他必要と認める書類

請求時に必要なもの

  1. 請求書(様式第4号)
  2. 振込口座が確認できるもの(本人名義の通帳又はキャッシュカードのコピー)
  3. 印鑑(スタンプ印は不可)

その他

虚偽の申請その他不正な手段により祝金の支給を受けた場合は、祝金の支給決定を取り消し、又は既に支給した祝金の返還を求めます。

このページの担当部署
企画政策部 ひとみらい政策課 ひとみらい政策グループ

〒895-8650 鹿児島県薩摩川内市神田町3-22

0996-23-5111 / 0996-20-5570